免震装置のない住宅基礎「SP免震基礎工法」 近畿圏総代理店。液状化、盛り土、法面対策に効果有り
世界初

共同研究開発

  • 日本大学 工学部 建築学科コンピューテーション応用力学研究室 ガン・ブンタラ・ステンリー准教授 (地震応答解析及びSP免震基礎の免震効率算定プログラムの研究開発)
  • 日本大学 工学部 機械工学科 加藤研究室Tribology(摩擦工学研究室) (杭頭回転と基礎コンクリート、基礎と地盤の摩擦低減方法の研究開発)
地震の力を受け流す免震基礎

発注主(施主)様へ 当社では免震基礎工事のみを施工します

建物は発注主様ご指名の建設会社・ハウスメーカーにて施工ください。
見積は設計事務所・建設会社・ハウスメーカーと連絡のうえ見積を提出致します。(当社は見積無料)

ご決定頂きますと設計事務所・建設会社・ハウスメーカーと打合せた後、杭工事施工致します。

  • 揺れを受け流す

    SP免震基礎工法は、世界初の免震装置のない免震基礎です。 国土交通相認定の「bDパイル」という特殊な鋼管杭を使用し、地震の揺れを大幅に減少します。 また、軟弱な地盤でも大きな効果を発揮します。
  • 経済的な施工

    地盤調査に基づき、必要なだけの長さの杭を専用工場で作り、基礎工事も同時に行いますので、 余分な費用がかかりません。鋼管杭以外の装置は必要なく、工期も短くすむため、 低価格に抑えることができます。
  • 、地盤対策・液状化対策

    杭を利用するSP免震基礎工法は、地盤対策・液状化対策としても有効です。軟弱地盤であっても、鋼管杭を地中支持層に達するまで施工し建物を支持するため、地盤改良より確実な地盤対策といえます。また、ゆるい地盤で「より免震効果が高まる」といった特徴があるので、軟弱地盤に建築する場合は特に有効的な工法です。
SP免震基礎工法で最大振幅93%減少
ページトップへ