免震装置のない住宅基礎「SP免震基礎工法」 近畿圏総代理店。液状化、盛り土、法面対策に効果有り
世界初

共同研究開発

  • 日本大学 工学部 建築学科コンピューテーション応用力学研究室 ガン・ブンタラ・ステンリー教授 (地震応答解析及びSP免震基礎の免震効率算定プログラムの研究開発)
  • 日本大学 工学部 機械工学科 加藤研究室Tribology(摩擦工学研究室) (杭頭回転と基礎コンクリート、基礎と地盤の摩擦低減方法の研究開発)

傾いた家を元に戻すPUBB工法(沈下修正工法)

傾いた家を戻す 沈下修正PUBB工法
西日本では初めての工法紹介です。

御挨拶

平成28年6月

熊本地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

私は、福島県郡山市で 日本ブレードパイル協会を主宰しています、影山千秋 と申します。
また、住環境設計室という建築設計事務所も経営しています。軟弱地盤対策としての技術開発、免震基礎工法、再生可能エネルギー利用等の研究開発も行い、その一つに、傾いた住宅を生活したまま基礎ごと元に戻す沈下修正工法(PUBB(パブ)工法)があります。

私しも5年前、過去最大の大地震である3.11東日本大震災を体験し、数多くの不等沈下した住宅の改修に関り、今日まで東北地方を中心に震災後は約300棟超の沈下修正を完了しました。
このPUBB工法は、ほとんどの作業を地上で行うので、余震にも安全で迅速に工事を進められます。
又、基本的に住宅の外部からの作業となるので、引越しをしていただく必要はなく、工事中も普段通りの生活が可能な工法です。

工事完了後、建物は、安定した支持層まで埋設した鋼管杭によって支えられることとなるので、余震で傾いたりといった再沈下はありません。
又、使用するbDパイル(回転埋設鋼管杭、国土交通大臣認定工法)の曲げ弾力性により、工事後は「地震動による建物の揺れが小さくなった」との多くの施主からの感想を伺っています。

NHK国際放送や、地元テレビ、新聞でも報道され、功績評価され平成25年福島県 発明協会会長賞を授与されました。

関東以西でのPUBB工法の実績は僅かですが、この度の熊本地震の被害の大きさを見て、不等沈下住宅はどうしようもないと思われている方々に「元に戻せる」という希望を持って いただく為に、きっとお役に立てる技術であると確信し、PUBB工法の技術の紹介をさせていただきます。

日本ブレードパイル協会

代表 影山千秋
福島県郡山市逢瀬町多田野字黒岩原25番3
TEL 024-957-3881
FAX 024-957-3882
PUBB工法は平均的な木造住宅で300万円程度

御挨拶

平成28年6月

熊本地震で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
私は、熊本市の中央自動車学校のグループ企業である 株式会社 清晨(せいしん) と申します。

弊社は、日本ブレードパイル協会に所属する近畿地区総代理店で、住環境設計室の開発した免震装置のない免震基礎工法の杭販売と施工を主としている会社ですが、地震で傾いた住宅を生活したまま基礎ごと元に戻す西日本では初めてとなるPUBB(パブ)工法を行います。
必要な機材を熊本に移送し、株式会社 清晨臨時熊本連絡所を開設することと致しました。

熊本での施工は、地元建設会社様の協力をいただきますが、施工管理者は経験豊かな技術者を東北地方より派遣します。

PUBB工法の事例、施工方法等は、インターネットから「清晨」で検索していただければ動画や解説を御覧いただけます。
PUBB工法は、全ての住宅の沈下修正に適用出来るとは云えませんが、多くの実績があります。

長所
  1. 鋼管杭を支持層まで埋設しますので、再度地震があっても沈下しません
  2. 工事中も引越し不要で、屋内の床も捲らない為、床の修復工事不要です
  3. 極端に深い支持層でなければ在来工法より安価に工事出来ます
  4. 在来工法では平基礎の上にジャッキを置いて家を土台から持ち上げます。
    しかし基礎は傾いたままなので家の荷重で長い年月で再沈下の可能性がありますがPUBB工法では荷重は鋼管杭により支持するので大丈夫です
  5. 施工後に東北では地震の揺れが少なく感じると言われることがあります。
    鋼管杭がしなって地震のエネルギーを吸収していると思われます(免震効果)
短所
  1. 新耐震法以前(築35年以上)の建物は、基礎に鉄筋がない場合があり、基礎ごと持ち上げる工事のため、施工に適さないことがあります。
  2. 隣地との間に1mの工事出来る余裕が必要です。直近に隣接している家は室内からの施工とります。

お問合わせいただければ、専門技術者を現地に派遣し、基礎と施工条件を調査の後、パブ工法による沈下修正の可否を判断し工事費用の概算見積書を作成、提出致します。
ここまでの費用は掛りません。

問い合せ先

株式会社 せいしん

大阪府大阪市中央区松屋町3-23 松屋タワー2F
TEL 06-6777-1081
FAX06-6765-1136
http://www.sp-menshin.jp

PUBB工法

沈下修正工事 福島県発明協会 会長賞 受賞

傾いた家を元に戻します。引越不要、床も剥がしません

建物は鋼管杭で支持します。大型重機を使わず、騒音振動は少ないです。

  1. 1.専用重機で鋼管杭を施工します

    家の基礎に専用機を取り付けて、家の重量を反力とします。

  2. 2.ブラケットを基礎の下に入れます

    杭頭に置いた油圧ジャッキで修正します

  3. 3.杭頭切断後、埋め戻して完了

PUBB工法カタログ(クリックで拡大します)

動画資料

  • NHK(英語) ジャッキで起こす映像があります

  • PUBB工法説明映像

ページトップへ